new retek data warehouse - oracle · 2002. 12. 18. · retek data warehouse retek® confidential...

of 481 /481
顧客要求の喚起、管理、現のパトナTM Retek ® Data Warehouse 10.2 ザガイド

Author: others

Post on 10-Oct-2020

4 views

Category:

Documents


0 download

Embed Size (px)

TRANSCRIPT

  • 顧客要求の喚起、管理、実現のパートナーTM

    Retek® Data Warehouse 10.2

    ユ ザガイドー

  • Retek Data Warehouse

    Retek® Confidential

    本マニュアルで 明されるソフトウェアは、ライセンス契約のもとに提供さ説れ、その契約 件に う場合にのみ使用できます。条 従

    本マニュアルの全部または一部を、Retek Inc. (Retek on the Mall, 950 Nicollet Mall, Minneapolis, MN 55403) の書面による明示的な許諾なくして複製または配布することはできません。

    本マニュアルの情報は予告なく 更されることがあります。変

    Retek は 容の保全を るため、製品資料を み取り 用フォ マットで提内 図 読 専 ー供します。Retek カスタマサポ トは、ー Retek の許可なく 更された資料に変ついてはサポ ト致しかねます。ー

    Retek® Data Warehouse ™ は、Retek Inc. の商標です。

    この情報は未公開であり、機密保持契約、企業秘密、およびその他の法律によって保護されています。出版に際しては、次の事項に準 するものと拠します。

    Retek、および Retek のロゴは、Retek Inc. の登 商標です。録

    ©2002 Retek Inc. All rights reserved.

    本マニュアルで言及されている他の製品名はすべて、各社の商標または登録商標であり、それに準じた取り扱いをする必要があります。

    米 にて印刷。国

    企業本部 Retek Inc.

    Retek on the Mall

    950 Nicollet Mall

    Minneapolis, MN 55403

    888.61.RETEK (toll free US)

    +1 612 587 5000

    州本部欧

    Retek

    110 Wigmore Street

    London

    W1U 3RW

    United Kingdom

    電話番号 (代表)

    +44 (0)20 7563 4600

    セ ルス窓口ー

    +44 (0)20 7563 46 46

    Fax: +44 (0)20 7563 46 10

    Retek 日本オフィス 〒107-0061

    東京都港区

    北 山青 3-6-7

    山パラシオタワ青 ー 11F

    +81 (0)3 5778-7620

    Fax: +81 (0)3 5778-7640

  • カスタマサポ トー

    カスタマサポ ト時間ー 帯:

    カスタマサポ トは、電子メ ル、電話、ー ー Web アクセスによって 365 日、 週 7 日間 (24 時間) ご利用いただけます。

    選 したサポ トオプション択 ー (スタンダ ド、プラス、プレミアムー ) によっては、特定のサ ビスの提供回 が制限される場合があります。重大度ー 数 1 の (深刻な) 問題の 理は、週処 7 日間 (24 時間) ベ スで行われ、問題が解決さーれるまで、アクティブメンテナンス中のすべてのクライアントは 的に監継続視されます。

    お問い合わせ方法 連絡先

    インタ ネットー www.retek.com/support (ROCS) Retek 社のお客 向け様 Web サイトです。問題に する関 最新の情報を 照することができます。参

    電子メ ルー [email protected]

    電話 米 およびカナダ国 : 1-800-61-RETEK (1-800-617-3835) その他の地域: +1 612-587-5800 EMEA: 011 44 1223 703 444 アジア太平洋: 61 425 792 927

    メ ルー Retek カスタマサポ トー Retek on the Mall 950 Nicollet Mall Minneapolis, MN 55403

    カスタマサポ トにご連絡いただく前に、下記の 容をご確認ください。ー 内

    • 製品のバ ジョンおよびプログラムー /モジュ ルの名前ー

    • 具体的、技術的な症状 (業務に える影響を含む与 )

    • 問題の詳細な再現手順

    • 正確なエラ メッセ ジー ー

    • 問題の操作を確認できるスクリ ンショットー (手順ごと)

  • 目次 i

    目次

    第 1 章 Retek Data Warehouse ..........................................................1 小 環境における意思決定サポ ト売 ー ......................................................................... 1

    意思決定サポ トにおけるデ タウェアハウスの役割ー ー .......................................... 1

    Retek Data Warehouse (RDW) ...................................................................................... 3

    第 2 章 レポ トの構成およびその 念ー 概 ................................................7 レポ トについてー ......................................................................................................... 7

    RDW ワ クベンチー ...................................................................................................... 8

    スキ マオブジェクトー ................................................................................................. 8

    テ ブルー .................................................................................................................................. 8 ファクト ................................................................................................................................. 9 アトリビュ トー ...................................................................................................................... 9 ユ ザ階層ー ............................................................................................................................ 10 トランスフォ メ ションー ー ................................................................................................. 10

    パブリックオブジェクト .......................................................................................... 11

    メトリック ........................................................................................................................... 11 プロンプト ........................................................................................................................... 16 テンプレ トとフィルター .................................................................................................... 17 ユ ザオブジェクトの編成と命名規則ー ............................................................................ 18

    第 3 章 RDW 階層およびアトリビュ トー ...........................................23 象期間対 ...................................................................................................................... 23

    システム階層 ....................................................................................................................... 24 アトリビュ トー .................................................................................................................... 24

    商品 .............................................................................................................................. 25

    システム階層 ....................................................................................................................... 26 アトリビュ トー .................................................................................................................... 27 アイテムア キテクチャー .................................................................................................... 29

    子要素階層 .................................................................................................................. 31

    システム階層 ....................................................................................................................... 32 アトリビュ トー .................................................................................................................... 33

    組織 .............................................................................................................................. 34

    システム階層 ....................................................................................................................... 35 アトリビュ トー .................................................................................................................... 36

  • ii Retek Data Warehouse

    競 業者争 ...................................................................................................................... 38

    システム階層 ....................................................................................................................... 38 アトリビュ トー .................................................................................................................... 39

    顧客 .............................................................................................................................. 40

    システム階層 ....................................................................................................................... 40 アトリビュ トー .................................................................................................................... 41

    地区 .............................................................................................................................. 43

    システム階層 ....................................................................................................................... 43 アトリビュ トー .................................................................................................................... 44

    市場組織 ...................................................................................................................... 45

    システム階層 ....................................................................................................................... 45 アトリビュ トー .................................................................................................................... 45

    市場商品 ...................................................................................................................... 46

    システム階層 ....................................................................................................................... 46 アトリビュ トー .................................................................................................................... 47

    特売 .............................................................................................................................. 48

    システム階層 ....................................................................................................................... 48 アトリビュ トー .................................................................................................................... 49

    理由 .............................................................................................................................. 50

    システム階層 ....................................................................................................................... 50 アトリビュ トー .................................................................................................................... 51

    地域特性 ...................................................................................................................... 51

    タイプ売価 .................................................................................................................. 51

    取引先 .......................................................................................................................... 52

    システム階層 ....................................................................................................................... 52 アトリビュ トー .................................................................................................................... 52

    入札タイプ .................................................................................................................. 53

    システム階層 ....................................................................................................................... 53 アトリビュ トー .................................................................................................................... 53

    時間 (日) ...................................................................................................................... 54

    システム階層 ....................................................................................................................... 54 アトリビュ トー .................................................................................................................... 54

    トランザクション理由 .............................................................................................. 54

    システム階層 ....................................................................................................................... 55 アトリビュ トー .................................................................................................................... 55

    組織からの在庫移動 .................................................................................................. 56

    システム階層 ....................................................................................................................... 56 アトリビュ トー .................................................................................................................... 57

  • 目次 iii

    第 4 章 ベ スおよび業績メトリック売価 ー ..........................................58 上および利益売 .......................................................................................................... 58

    基本式とメトリック ........................................................................................................... 58 タイプ売価 ........................................................................................................................... 59

    動レポ ト変 ー ........................................................................................................................ 59 貢 度レポ ト献 ー .................................................................................................................... 62 計 測定 位画 単 ....................................................................................................................... 63 返品 ....................................................................................................................................... 64 付加 値価 税 (VAT) ............................................................................................................... 64

    パック 上売 .................................................................................................................. 65

    ファクトおよび基準測定 ................................................................................................... 65 動レポ ト変 ー ........................................................................................................................ 66 パック 上に するアイテムの平均貢 度売 対 献 .................................................................... 66 パックの配分 ....................................................................................................................... 67

    在庫ポジション .......................................................................................................... 68

    基本式とメトリック ........................................................................................................... 69 業績メトリック ................................................................................................................... 70

    在庫 動変 ...................................................................................................................... 72

    受取 ....................................................................................................................................... 72 ベンダ 返品ー (RTV) ............................................................................................................ 73 在庫移動 ............................................................................................................................... 73 在庫調整 ............................................................................................................................... 74 在庫に するグロスマ ジン 益対 ー 収 (GMROI) ................................................................... 74

    速度メトリック .......................................................................................................... 75

    在庫回転 ............................................................................................................................... 75 切比率売 ............................................................................................................................... 75

    値下げ .......................................................................................................................... 75

    基本式とメトリック ........................................................................................................... 76

    格価 .............................................................................................................................. 78

    基本式とメトリック ........................................................................................................... 78 業績メトリック ................................................................................................................... 79

  • iv Retek Data Warehouse

    比較 象店 分析対 舗 ...................................................................................................... 80

    基本式とメトリック ........................................................................................................... 80

    ロ カル通貨ー ............................................................................................................... 82

    領域分析 ...................................................................................................................... 83

    基本式とメトリック ........................................................................................................... 83 アロケ ション領域集計ー .................................................................................................... 85

    市場デ ター ................................................................................................................... 86

    基本式とメトリック ........................................................................................................... 87 業績メトリック ................................................................................................................... 88

    在庫元帳 ...................................................................................................................... 93

    ファクトおよび基本メトリック ....................................................................................... 93

    値下げ率 ...................................................................................................................... 95

    取引先の業績 .............................................................................................................. 96

    業績メトリック ................................................................................................................... 98 ネット原価 ........................................................................................................................... 98

    取引先遵守度 ............................................................................................................ 100

    取引先インボイス原価 ..................................................................................................... 101 取引先の受取 ..................................................................................................................... 101 取引先遵守度の評価 ......................................................................................................... 102

    取引先契約および有 取引先効 数 ............................................................................ 103

    基本式とメトリック ......................................................................................................... 103 契約 高残 ............................................................................................................................. 104 コミットメント合計 位および合計高単 ......................................................................... 104 デパ トメントに する契約 注原 高の貢 度比率ー 対 発 価 献 .............................................. 104

    ロス防止 .................................................................................................................... 106

    超過/不足金額 .................................................................................................................... 106 優先トランザクション数 ................................................................................................. 106 ロス防止証票 ..................................................................................................................... 107 ロス防止トランザクション活動 ..................................................................................... 107

    店 の輸送舗 ................................................................................................................ 110

    要概 ..................................................................................................................................... 110 ファクトおよび基準測定 ................................................................................................. 110 換算レ トー .......................................................................................................................... 110

    用語集 ....................................................................................................111

    略語および頭文字 ..................................................................................115

  • 目次 v

    付録 A よくある質問........................................................................123 追跡 ............................................................................................................................ 123

    上売 ............................................................................................................................ 124

    ライセンス ................................................................................................................ 124

    Web ブラウザ ........................................................................................................... 124

    統合 ............................................................................................................................ 124

    付録 B ジョイント子アトリビュ トのユ スケ スー ー ー ........................125 アイテム .................................................................................................................... 125

    競 業者の 格争 価 ........................................................................................................ 130

    格 更価 変 .................................................................................................................... 133

    付録 C 時間トランスフォ メ ションー ー ............................................135 トランスフォ メ ションのタイプー ー ...................................................................... 136

    時間トランスフォ メ ションアトリビュ トの使用ー ー ー ...................................... 136

    アトリビュ トリストー ............................................................................................. 137

    アトリビュ トマッピングー ..................................................................................... 138

    前月における日 ................................................................................................................. 138 前月における週 ................................................................................................................. 138 前週における日 ................................................................................................................. 139 前週における週 ................................................................................................................. 139 前年における日 ................................................................................................................. 140 前年における週 ................................................................................................................. 140 年における日来 ................................................................................................................. 141 年における週来 ................................................................................................................. 141 指定日までの月における日 ............................................................................................. 142 指定日までの月における週 ............................................................................................. 142 指定日までの週における日 ............................................................................................. 142 指定日までの年における日 ............................................................................................. 143 指定日までの年における週 ............................................................................................. 143

  • vi Retek Data Warehouse

    付録 D 技術上の注意点 ....................................................................145 VLDB プロパティ .................................................................................................... 145

    Oracle .................................................................................................................................. 145 DB2 ..................................................................................................................................... 145 Teradata ............................................................................................................................... 145 デ タベ スの固有の構文ー ー ............................................................................................... 145 メトリック ......................................................................................................................... 146 アトリビュ トー .................................................................................................................. 146 ファクト ............................................................................................................................. 146

    デ タベ ス精度のロスー ー (DB2) .............................................................................. 147

    複合メトリックにゼロが返される (Teradata)....................................................... 147

    付録 E 商品ワ クベンチー メトリック リスト...................................149

    付録 F カテゴリ管理ワ クベンチー メトリック リスト..................257

    付録 G 店 運 ワ クベンチ舗 営 ー メトリック リスト............................357

    付録 H 顧客ワ クベンチー メトリック リスト...................................437

  • 第 1 章 Retek Data Warehouse 1

    第 1 章 Retek Data Warehouse この項では、小 環境における意思決定サポ トおよびデ タウェアハウスの役売 ー ー割について 明します。ここでは小 業者の意思決定サポ トシステムの基本要説 売 ー件を示し、Retek Data Warehouse (RDW) により小 組織に必要な情報を提供する売方法を 明します。説

    小 環境における意思決定サポ ト売 ー 意思決定サポ トにより、小 組織のすべてのレベルのユ ザがビジネスにー 売 ーする質問に答えることができます。常に 化し ける競 の激しい市場での活関 変 続 争

    動および計 のためには、以下のような質問画 への答えが必要とされます。

    • この期間の 績 上高と現在の 上高をどのように比較するか実 売 売 ?

    • 手持ち在庫の 額はいくらで、前年の同じ期間の値とどのように比較す売価 るか?

    • 競 業者の 格とどのように比較するか争 価 ?

    • カテゴリまたはデパ トメントにおいて最もよく れたアイテムはどれかー 売 ?

    • 前回の特 の 果はどうだったか売 効 ?

    上記の質問ならびに他の多くの質問への答えは、小 組織によって生成される、売大量の 上および返品、 格 更、入荷などのトランザクションの中に含まれ売 価 変ています。これらのトランザクションは、意思決定サポ トにとってー の "未 理処デ ター " です。トランザクションレベルのデ タは、小 組織の意思決定サポー 売 ートへの利用が可能な情報に 換する必要があります。変

    意思決定サポ トにおけるデ タウェアハウスの役割ー ー デ タウェアハウスは、小 環境における意思決定サポ トに必要な大量のデー 売 ー ータのための中央リポジトリです。デ タウェアハウスを構成するアプリケ ショー ーンおよびコンポ ネントには以下の機能があります。ー

    • トランザクションなどのデ タをソ スシステムから抽出する。ー ー

    • 意思決定サポ トに使用できるレベルにデ タを 換する。このプロセスでー ー 変データの編成および標準化を行い、デ タウェアハウスの一貫したフォマッートでデ タを格納できるようにします。ー

    • 意思決定サポ トのために構築されたリレ ショナルデ タベ ス管理シスー ー ー ーテム (RDBMS) にデ タを み む。ー 読 込

    • 小 組織全体への情報の配布に必要な分析ツ ルおよびインタ フェイスを売 ー ー提供する。

    Retek Merchandising System (RMS) のようなオンライントランザクション 理処 (OLTP) システムは、レコ ドを 率的に保持するように設計されており、通常、ー 効保有する履 情報はわずかです。一歴 方、デ タウェアハウスでは、ビジネスエリーアで編成された履 デ タ全体を保有します。ビジネスエリアを構成しているの歴 ーは、比較的少 の非常に大きなテ ブルです。意思決定サポ ト環境においては、数 ー ー大量の履 デ タを格納し、サマリ フォ ムでユ ザに提供する必要があるた歴 ー ー ー ーめ、このようなデ タ編成は最良の方法です。デ タウェアハウスを構成しー ーているテ ブルには、デ タを保持する期間ー ー 内 (通常は 2 年 ~ 5 年) の任意の時期における組織の 況を確認するのに必要な情報が格納されています。状

  • 2 Retek Data Warehouse

    デ タウェアハウスのテ ブルは、ー ー ファクトとアトリビュ トー で構成されています。デ タウェアハウスとその役割について理解するには、まずこれらの用語ーの意味を知っておく必要があります。ファクトとは、ビジネスに する 値情報関 数 ( 上金額や在庫 位 など売 単 数 ) です。ファクトの大部分は加法的であり、同じタイプの 2 つのファクトを足して有意義な を求めることができます。たとえば、数ある週の 日の 上金額を足していき、その週の合計を求めることができます。毎 売一部のファクトは半加法的であり、どのような 件であっても同じタイプのファ条クトを加算できません。たとえば、アイテムの入荷 量を 存の在庫に加算する数 既ことはできても、ある週の 日の手持ちの 位 を足してその週の合計を求める毎 単 数ことはできません。在庫 量は、特定の期間数 (日や週など) の特定の位置として表現されます。

    ファクトだけでは意味をなしません。"手持ち在庫は 10 でした" という文が意味を持つのは、時間と場所のコンテキストが特定されている場合です。ファクトをコンテキスト に位置付けて意味を持たせるエンティティを、内 アトリビュ トーといいます。アトリビュ トとは、ロケ ション、日、アイテムなど、ビジネスー ーの特定の側面の一般的な 明です。アトリビュ トの特定のインスタンスを説 ー アトリビュ トエレメントー といいます。たとえば、Minneapolis (ロケ ションー )、2002 年 4 月 16 日 (日)、スカ フー (アイテム) などです。ファクトが有用になるのは、1 つ以上 (たいていは複数) のアトリビュ トエレメントによって分類された場合のーみです。

    たいていの場合、アトリビュ トはー 階層の一部です。階層は、適切に定義された相互の 係付けを持っている 連アトリビュ トのグル プです。階層は、小関 関 ー ー 売組織のビジネス構造を表します。組織 の内 さまざまなレベルの個人が異なる情報要件を持っています。階層を利用して、必要に じて任意のレベルでビジネスを応分析できます。たとえば、ロケ ションマネ ジャは、自分のロケ ションのみー ー ーについて、前週のサブクラスごとの 上を 照できます。また、リ ジョンマ売 参 ーネ ジャは、自分のリ ジョンについて、現在の月のデパ トメントごとの 上ー ー ー 売を 照できます。参

    ファクトテ ブルのデ タにより、意思決定サポ トに必要とされる基本的な測ー ー ー定値は提供されますが、小 ビジネスにおける複 な質問に回答するには不十分売 雑です。デ タウェアハウスのビジー ネス上の役割は、小 組織のあらゆるレベルの売ユ ザ の要求に じて特定の情報を提供することです。小 環境の意思決定サー ー 応 売ポ トには、デ タウェアハウスに保持されている未 理ファクトに する分析ー ー 処 対能力を 張する、高度なビジネス測定のセットが必要です。以下に示すようなビ拡ジネス上の多くの質問に回答するには、デ タハウスのデ タを使用した複 なー ー 雑照 および計算が必要です。会

  • 第 1 章 Retek Data Warehouse 3

    • 指定日までのシ ズンおよび指定日までの年のデパ トメントの 上全体にー ー 売して、特定のクラスの貢 度比率はいくつか対 献 ?

    • 各リ ジョンの利益マ ジンを前年の同じー ー 期間の値とどのように比較するか?

    • 市場で 益率の最も高いアイテムおよび最も低いアイテムはどれか収 ?

    • この期間の 績 上を計 上とどのように比較するか実 売 画売 ?

    以上のような質問を含め、小 組織をサポ トするための多くの質問に答えるた売 ーめには、デ タウェアハウス のデ タの取得および操作を行う高度な照 およー 内 ー 会び分析エンジンが必要です。これらの機能は、オンライン分析 理処 (OLAP) ツールによって提供されます。これらのアプリケ ションおよびインタ フェイスにー ーより、分析に必要な高度なビジネス測定を作成し、デ タウェアハウスー に する対非常に複 な照 を 行して、多 なニ ズを持つ大規模なユ ザ集 にオンデ雑 会 実 様 ー ー 団マンドで情報を配布できます。

    Retek Data Warehouse (RDW) RDW により、小 組織のあらゆる意思決定者の要求に じて情報を提供でき売 応ます。RDW は、小 環境用に設計および最適化されています。売 RDW の構成は、組織全体のトランザクションシステムから大量のデ タを抽出し、そのデ タをー ー有用なビジネス測定値に 換します。変

    次の は、図 RDW の主要な構成を示しています。

    OLTP

    売上監査

    RDBMS計画

    顧客

    クライアント固有

    MicroStrategyDesktop RDW Web

    データソース

    RDW 構成

  • 4 Retek Data Warehouse

    Retek Merchandising System (RMS) などのオンライントランザクション 理処 (OLTP) システムは、RDW のデ タの基本ソ スです。ー ー OLTP は、主要なアトリビュ トーデ ター (組織、商品、 象期間やその他の大半の階層を含む対 ) を提供します。さらに、在庫、 格 更、原 、在庫元帳、取引先遵守度など多 のデ タマ トに価 変 価 数 ー ーしてファクトを供給します。対

    POS におけるトランザクションは、一部の RDW ファクトテ ブルの主要な情報ーソ スです。意思決定サポ トー ー での利用が可能なレベルにデ タを 換することー 変により、 上および返品に する重要な情報が得られます。また、売 関 POS からのデ タは、 業員の生産性およびロス防止に する情報のソ スでもあります。ー 従 関 ーPOS からのトランザクションデ タは、ー Retek Sales Audit (ReSA) によって、または別のシステムのインタ フェイスを介して提供できます。ー

    RDW は、 上などのデ タマ トに する計 デ タを保持し、計 と 績結売 ー ー 関 画 ー 画 実果を比較できるようにします。オリジナル計 と現行計 のファクトは、画 画 Retek TopPlan アプリケ ションからインポ トします。ー ー TopPlan を使用していない場合は、別の計 システムからインポ トします。画 ー

    Retek Customer Order Management (RCOM) は、顧客インタラクション管理のすべてのチャネルをカバ する集中化ソリュ ションです。ー ー RCOM は、顧客および人口統計デ タのソ スです。ー ー RCOM を使用していない場合、この情報を別のシステムから抽出する必要があります。

    RDW は、Retek ソ スシステムが存在しないデ タのためのインフラストラクー ーチャを提供します。クライアント固有のインタ フェイスは、以下のアトリービュ トデ タからデ タを供給する必要があります。ー ー ー

    • 顧客アカウント

    • 顧客地区

    • 商品および顧客クラスタ

    • 計 シ ズン画 ー

    • 市場デ ター

    また、クライアント固有のインタ フェイスは、以下のエリアのファクトを取りーむ必要があります。込

    • 市場デ ター

    • アロケ ション領域ー

    • 店 の輸送舗

    詳細については、『RDW オペレ ションガイド』を 照してください。ー 参

    トランザクションシステムから抽出され、RDW デ タベ スに適 できるようー ー 応に 換されたデ タは、ビジネス測定の構築ブ変 ー ロックですが、ビジネス上の多くの質問に答えるには不十分です。一般的に、デ タはー RDW の粒度の細かい下位レベルに保持されます。たとえば、RDW では、 上デ タがロケ ション、ア売 ー ーイテム、日というアトリビュ トごとに保持されます。つまり、これらのアトリービュ トの各貢 度に 上ファクトテ ブル のー 献 売 ー 内 1 行が提供されます。ただし、ほとんどの場合、アナリストは商品および組織階層のより高いレベルで、1 日ではなくもっと長い期間のデ タを表示することを望みます。ー

  • 第 1 章 Retek Data Warehouse 5

    果的な意思決定サポ トに必要なのは、ファクトが粒度の効 ー 細かいレベルで保持され、必要に じて組織 の任意のレベルで測定を 行できることです。たとえ応 内 実ば、デパ トメントレベルの月次 上の評 を行うロケ ションマネ ジャには、ー 売 価 ー ー各デパ トメントの合計 上を示すレポ トが必要です。デパ トメントレベルー 売 ー ーで潜在的な問題が見つかった場合、ロケ ションマネ ジャはサブクラスの分析ー ーや、問題を含んでいる特定のアイテムの分析に焦点を てるでしょう。当 RDW では、粒度の細かい下位レベルに情報を格納することにより、必要に じて任意の応レベルで分析を行い、サマリ レベルでレポ トを作成することー ー ができます。

    場合によっては、複 のレベルでデ タを保持することで、分析を 率化し、パ数 ー 効フォ マンスを向上させます。たとえば、 上ファクトをサブクラスおよび週だー 売けでなく、アイテムおよび日でも保持します (ロケ ションアトリビュ トはー ー 両方のテ ブルに存在ー )。その結果、デ タベ ス の複 のファクトテ ブルに同ー ー 内 数 ーじデ タが存在することになります。冗長デ タを利用することで、システムでー ー行うべき照 の が低減され、パフォ マンスは向上しますが、プログラムと会 数 ーテ ブルのメンテナンスが必要となりメンテナンスの手間は 大しますー 増 。RDW で冗長デ タが使用されるのは、すべてのクライアントがパフォ マンス面でのー ー恩 を期待できるような、いくつかの場合に限られています。冗長デ タが必要恵 ーかどうかについては、通常、クライアントがその必要性を分析して決定しなければなりません。

    必要に じて任意のレベルでデ タを要約することは、小 の意思決定者の求め応 ー 売に じて複 な情報を提供するための第一要件です。ただし、デ タのサマリ応 雑 ー ーだけでは、ほぼ全種類の分析で必要とされる複 なビジネス測定には不十分です。雑"リ ジョンの合計 上高に して各ロケ ションが貢ー 売 対 ー 献したのは 上高の何売 % か?" という質問について考えてみましょう。この質問に答えるには、リ ジョンーの合計 上高と、そのリ ジョンに している各ロケ ションの合計を調べてか売 ー 属 ーら、必要な計算を 行します実 (リ ジョン 上ー 売 /ロケ ション 上ー 売 )。

    OLAP ツ ルは、これらの をデ タウェアハウスで 行します。ー 関数 ー 実 RDW MicroStrategy の Desktop™ インタ フェイスは、小 環境における意思決定サー 売ポ トのために、ビジネス測定および主要なパフォ マンスインジケ タの 張ー ー ー 拡セットを作成する開 ツ ルで発 ー す。これらの測定は、最良事例に基づいて開 さ発れており、小 ビジネスのほとんどすべての側面をカバ しています。売 ー

    MicroStrategy Desktop アプリケ ションを使用した場合は、非常に限定された方ー法で RDW を 照します。参

    小 メトリックのセットは、売 RDW の一部である大量の定義 みレポ トを構済 ー築する場合に使用されます。RDW のユ ザが定義 みレポ トを利用できるのは、ー 済 ーアプリケ ションをインスト ルしてデ タが利用可能になってからです。次の例ー ー ーは、MicroStrategy Desktop で作成された定義 み 上分析レポ トを示しています。済 売 ー

    上分析レポ ト売 ー

  • 6 Retek Data Warehouse

    定義 みレポ トセットは 範なレポ トであり、小 組織に必要なほとんどす済 ー 広 ー 売べての情報が含まれていますが、完全ではありません。ビジネスアナリストなどのユ ザは、組織に固有のビジネス事例に基づいた 自のレポ トを追加できー 独 ーます。たとえば、小 業者は定義 みレポ トが存在しない組織レベルまたは商売 済 ー品レベルのレポ トを作成できます。ほとんどの場合、レポ トに必要な測定は、ー ーRDW の定義 みメトリックのセットに含まれています。このような 況におい済 状て、Desktop ユ ザの役割は、レポ トのビジネス要件を理解し、ー ー RDW セットの適切なメトリックを指定して、レポ トを構築することです。場合によっては、ー組織のビジネス事例に適合させるために、ビジネスアナリストが定義 みメト済リックの修正または新規メトリックの作成を行う必要があるかもしれません。 Desktop インタ フェイスを使用し、必要に じてこれらの作業を行うことがでー 応きます。

    RDW で利用可能なメトリックのセットと、レポ ト作成における使用方法の詳ー細については、このマニュアルの第 2 章 – 4 を 照してください。参

    小 組織のほとんどのユ ザは、売 ー MicroStrategy Desktop で利用できる 範な機能広を使用する必要はありません。RDW とのやり取りは、RDW Web を介して行うことができます。これは、操作が簡 な使いやすいアプリケ ションであり、単 ー RDW の 力な分析エンジンにアクセスできる直 的なインタ フェイスを備え強 観 ー ています。

    RDW Web ユ ザは、定義 みレポ トや、利用可能になっているパブリックレー 済 ーポ トを 行できます。いくつかのオプションからー 実 1 つを選 して、レポ トを択 ー作成することもできます。レポ トの 行や作成だけでなく、ー 実 RDW Web ユ ザーは以下の作業を行えます。

    • レポ トのフォ マットおよび印刷。ー ー

    • 新規作成レポ トまたは修正 みレポ トをパ ソナルフォルダに保存。ー 済 ー ー

    • レポ トの自動 行をグル プごとに設定。ー 実 ー

    • キ ワ ドによるレポ トまたは特定のビジネス測定の 索。ー ー ー 検

    • 他のアプリケ ションへのデ タのエクスポ ト。ー ー ー

  • 第 2 章 レポ トの構成およびその 念ー 概 7

    第 2 章 レポ トの構成およびその 念ー 概 RDW のユ ザは、レポ トを 行することによって情報を表示します。レポー ー 実 ー トを構成する他のいくつかのオブジェクトにより、構造が提供され、格納する情報が指定されます。これらのレポ ト構築ブロックはー RDW に個別に存在して内おり、オブジェクトの再利用が可能です。この章では、デ タウェアハウスの各ーオブジェクトタイプの役割について 明します。説

    レポ トについてー レポ トはー 3 つのオブジェクト (メトリック、アトリビュ ト、フィルター ) から構成されています。

    メトリックは、ビジネス測定 位であり、レポ ト上の主要なパフォ マン単 ー ースインジケ タです。サンプルレポ ト のー ー 内 [ 上高売 ] などの列見出しがメトリックです。

    アトリビュ トー は、ビジネスメトリックを 照し、意味を えます。レポ参 与 ート の内 [ 上高売 ] などのメトリックが有用になるのは、1 つ以上のアトリビュ トによって 照された場合です。サンプルでは、メトリックはロケー 参 ーションおよびデパ トメントによって 照されています。ー 参

    フィルタは、レポ ト のデ タに制限つまり制約を えることにより、調ー 内 ー 与査する問題に 連する情報のみを格納できるようにします。サンプルでは、関フィルタにより、レポ トに含まれる情報は 一のロケ ションおよびデー 単 ーパ トメントに限定されています。さらに、レポ トの 象期間ー ー 対 を 1 週間に限定しています。

    レポ トには、プロンプトや階層などの他のオブジェクトが含まれる場合がありーます。詳細については、この項で後述します。

    ロケ ションの 上 要ー 売 概

  • 8 Retek Data Warehouse

    メトリックおよびレポ トを作成するために、ー OLAP ツ ルでー RDW デ タベ スー ーに格納されているファクトおよびアトリビュ トを 照できなければなりません。ー 参さらに、OLAP ツ ルにはデ タタイプおよびそれらの 係の定義が必要です。ー ー 関デ タベ スのデ タおよびテ ブルは、ー ー ー ー スキ マオブジェクトー というエンティティのセットを介して 照できます参 。スキ マオブジェクトは、ユ ザが 照でー ー 参きるビジネスメトリックおよびレポ トの構築ブロックです。メトリックおよびーレポ トは、ー RDW のエンドユ ザのためのレポ ト作成に使用される他のいくー ーつかのオブジェクトとともに、パブリックオブジェクトとして 照できます。ス参キ マおよびパブリックオブジェクトの詳細については、この章で後述します。ー

    RDW ワ クベンチー RDW は、ビジネスエリアおよびユ ザロ ルごとに、以下のー ー 4 つのワ クベンーチに分かれています。

    • 商品

    • カテゴリ管理

    • 店 運舗 営

    • 顧客

    MicroStrategy 用語では、各ワ クベンチがー プロジェクトとして定義されていま す。これらのプロジェクトは、物理デ タベ スを共有し、各プロジェクト機能ー ーに するファクトおよびアトリビュ トテ ブルを 照できます。たとえば、対応 ー ー 参顧客情報は顧客ワ クベンチでのみ利用可能です。ー

    プロジェクトは物理デ タベ スおよびデ タのセットを共有しますが、各プロー ー ージェクトが固有のログインを必要とし、 自のセキュリティを備えているため、独RDW Web および MicroStrategy Desktop のユ ザにはそれぞれ別個のエンティーティとして認識されます。

    以降の項においては、スキ マおよびパブリックオブジェクトについて 明しー 説ます。各プロジェクトは、ユ ザおよびスキ マオブジェクトのセットを製品のー ー一部として持っています。以降の項には、第 4 章で 明するビジネス測定および説主要なパフォ マンスインジケ タを理解するのに役立つ情報が提供されていー ーます。

    スキ マオブジェクトー スキ マオブジェクトにより、テ ブル、ビュ 、ファクト、列、アトリビュー ー ー ー トの 明などの説 RDW デ タベ スオブジェクトを 照できます。これらのオブー ー 参 ジェクトは、Microstrategy Desktop のプロジェクト用のスキ マオブジェクトフォールダに格納されています。

    テ ブルー RDW デ タベ スは、ファクトテ ブルおよびアトリビュ トの 明テ ブルでー ー ー ー 説 ー構成されています。たとえば、 上ファクトテ ブルには、アイテム、ロケ売 ー ーション、日というアトリビュ トの各組み合わせに する 上デ タのレコ ドー 対 売 ー ーが格納されています。アトリビュ トテ ブルには、アトリビュ トに するー ー ー 関 説明的な情報が格納されています。たとえば、ロケ ションテ ブルには、組織ー ー 内の各ロケ ションのレコ ドが保持されていー ー ます。テ ブルをプロジェクトに含ーめることで、テ ブル のデ タにアクセスできるようにする必要があります。ー 内 ー各 RDW プロジェクトには、ビジネスエリアでのレポ ト作成に必要なテ ブルー ーがすべて含まれています。

  • 第 2 章 レポ トの構成およびその 念ー 概 9

    ファクト ファクトは、1 つ以上のデ タベ ステ ブルの、 値デ タ含んでいる列へのー ー ー 数 ーアクセスを提供するスキ マオブジェクトです。たとえば、 上ファクトー 売 F_SLS_AMT ( 上金額売 ) により、RDW デ タベ スの 上テ ブルの する列ー ー 売 ー 対応にアクセスできます。

    ファクトは、ビジネスメトリックの構築に使用される式のベ スとなります。たーとえば、式 SUM(F_SLS_AMT) は、グロス 上額のベ スです。売 ー

    一般規則として、プロジェクトに利用できるテ ブル のすべてのファクト列は、ー 内Microstrategy ファクトオブジェクトに 換されています。ファクトは、変 基本式という別のオブジェクトタイプのベ スになります。詳細については、次の項でー明します。プロジェクトのファクトは、プロジェクトの説 [スキ マオブジェクー

    ト] フォルダの [ファクト] サブディレクトリに格納されています。

    アトリビュ トー アトリビュ トとー は、ビジネスの特定の側面または特性を表すスキ マオブジェークトです。次の項のメトリックおよびフィルタの 明にあるように、アトリ説ビュ トはレポ ト のデ タの集計および制約に使用されます。ー ー 内 ー

    アトリビュ トは、親子 係によって互いに 連付けることができます。このター 関 関イプの 係においては、子アトリビュ トは 一の親アトリビュ トに します。関 ー 単 ー 属親子 係により、アトリビュ ト同士の上下 係を予測できる階層が形成され関 ー 関ます。たとえば、組織階層のロケ ションアトリビュ トは、リ ジョンアトリー ー ービュ トの子として定義されます。ロケー ションアトリビュ トのすべてのエレー ーメントは、 一のリ ジョンに存在します。リ ジョンアトリビュ トも別のア単 ー ー ートリビュ トの子として定義されているため、ロケ ションアトリビュ トと階ー ー ー層 の他のすべてのアトリビュ トとの 係は予測可能となります。内 ー 関

    階層 では、ビジネス分析の重要な作業であるデ タのドリルが可能です。ビジ内 ーネス問題の調査は、たいていの場合、サマリ レベルで開始され、分析が進むにーつれて詳細レベルに移行します。ドリルにより、デ タセット の問題が識別さー 内れた部分を特定できます。

    同じ階層に含まれていないアトリビュ トが同じファクトテ ブルに存在しー ーている場合は、 連付けが行われます。アイテム、ロケ ション、週というアト関 ーリビュ トについて、階層 での 連付けは見られません。ただし、これらのアー 内 関トリビュ トはすべて同じファクトテ ブルに存在します。したがって、これらー ーのアトリビュ トのー 1 つ以上の組み合わせにより、デ タの 照に 連する質問ー 参 関への回答を得ることができます。たとえば、ロケ ションおよび週ごとの 上ー 売デ タを最初に要求するとします。ファクトテ ブルにはアトリビュ トアイテー ー ームも含まれているので、アイテムアトリビュ トを使用してデ タを再編成できー ーます。一般規則として、情報はファクトテ ブルに存在する任意のアトリビュー ートまたはアトリビュ トの組み合わせによって 照できます。ー 参

    プロジェクトのアトリビュ トは、プロジェクトのー [スキ マオブジェクトー ] フォルダの [アトリビュ トー ] サブディレクトリに定義されています。

  • 10 Retek Data Warehouse

    ユ ザ階層ー ユ ザ階層とは、アトリビュ トおよびそのエレメントを活用する、フィルタプー ーロンプトなどパブリックオブジェクトの 照シ ケンスを提供するスキ マオブ参 ー ージェクトです。デ タモデルで定義される論理階層ー と混同しないでください。ユ ザ階層には論理階層で 連付けられているアトリビュ トを含むことができ、ー 関 ーこれはしばしば行われます。ユ ザ階層は、プロジェクトのユ ザがアトリー ービュ トおよびそのエレメントを 照するための に便利な手法です。ユ ザ階ー 参 実 ー層に多 のアトリビュ トおよび階層のエレメントを含むことができます。ユ数 ー ーザ階層に 連アトリビュ トが格納されている場合、ユ ザが使いやすいように関 ー ー階層のレベルが省略されることがあります。たとえば、年というアトリビュ トーは四半期というアトリビュ トの親として定義されています。しー かし、ユ ザはー四半期を省略して、年から月、週、日へと直接移動できます。

    ユ ザ階層は、プロジェクトのー [スキ マオブジェクトー ] フォルダの [階層] サブディレクトリに格納されています。各ワ クベンチには、それぞれの機能に適ーした階層のセットが含まれています。クライアントはユ ザの要求に合わせて、ー追加の階層を作成することができます。階層エディタの詳細については、 MicroStrategy Desktop のマニュアルを 照してください。参

    トランスフォ メ ションー ー 時間ベ スの比較は、小 環境におけるほとんどー 売 すべてのレベルの分析に必要不可欠です。代表的な例として、現在の指定日までのシ ズンの 上高と前年の同ー 売じ期間の 上高の比較や、在庫の と前週との比較などがあります。売 売価

    時間トランスフォ メ ションには、時間ベ スのアトリビュ トのエレメントー ー ー ーを同じアトリビュ トの他のエレメントに 連付けるテ ブルが必要です。特定ー 関 ーの年、月、週に して、前年の する期間が存在します。トランスフォ メ対 対応 ー ーションテ ブルは、特定の時間ベ スフレ ムへの 照についてエレメント間のー ー ー 参係を指定します。たとえば、現在の週の 上高を前年の同じ週関 売 と比較する場合、

    各カレンダ 週および前年の する週を指定するテ ブルを使用します。このー 対応 ーテ ブルにより、カレンダ の各週に して前年の する週を指定することがー ー 対 対応できます。これは、1 対 1 トランスフォ メ ションの例です。該 する期間にー ー 当は、テ ブルの各エレメントに するエレメントがー 対応 1 つずつ存在します。

    さらに、指定日までの年、指定日までのシ ズンなどの合計を計算するためのー 多多対 トランスフォ メ ションもあります。これらのテ ブルでは、特定の 照ー ー ー 参

    位置からの合計を計算する場合に含まれるエレメントをすべて指定します。たとえば、指定日までの年トランスフォ メ ションは、その年の開始日以降の特定ー ーの日または週からのトランスフォ メ ションに含まれるすべての日または週をー ー指定します。

    トランスフォ メ ションは、プロパティとしてメトリックに 連付けられます。ー ー 関これらのメトリックは、トランスフォ メ ションテ ブルで指定された情報をー ー ー取得します。

    トランスフォ メ ションは、ー ー MicroStrategy Desktop インタ フェイスのー [スキ マーオブジェクト] フォルダに格納されます。RDW には、時間トランスフォ メー ーションの大規模なセットが含まれていますが、すべてをカバ するわけではありーません。クライアントは、固有の要件に基づいて追加のトランスフォ メ ショー ーンを作成しなければならない場合があります。新規トランスフォ メ ションをー ー追加するには、MicroStrategy Desktop を介してトランスフォ メ ションを作ー ー成するだけでなく、テ ブルを追加し、バッチプログラムに適切な修正を加えるー必要があります。

  • 第 2 章 レポ トの構成およびその 念ー 概 11

    ここで 明したスキ マオブジェクトにより、説 ー RDW のユ ザに情報を配布すー るために必要な、ビジネス測定などのオブジェクトを作成することができます。詳細については、次の項で 明します。説

    パブリックオブジェクト パブリックオブジェクトとは、ユ ザが 照したりやり取りしたりする構成です。ー 参レポ トはパブリックオブジェクトであり、メトリックやフィルタも同 です。ー 様レポ トを構成するオブジェクトは個別に定義されており、再利用が可能です。ーファクトやアトリビュ トなどのスキ マオブジェクト同 、メトリックや他のー ー 様パブリックオブジェクトは、一度作成すればプロジェクト全体で利用できます。

    メトリック RDW には、小 環境における意思決定サ売 ポ トのために設計された、ビジネスー測定および主要なパフォ マンスインジケ タの大規模なセットが含まれていー ーます。MicroStrategy 用語では、これらのオブジェクトをメトリックといいます。メトリックは、MicroStrategy Desktop の [パブリックオブジェクト] フォルダの [メトリック] サブカテゴリフォルダ に、ビジネスエリアごとに編成されてい内ます。

    この項では、メトリックおよびその機能を理解するための例を紹介します。第 4 章では、ビジネスエリアごとにメトリックを取り上げます。

    メトリックはビジネス業績の特定の側面を測定するパフォ マンス測定 位であー 単り、通常は 値です。メトリックの種類は、 一のファクト列の値を合計する数 単 単純なメトリックから、在庫回 のような非常に複 な計算まで、多岐に渡ってい転 雑ます。

    メトリックは、パフォ マンス測定の計算方法を指定する命令とみなすことがでーきます。メトリックの基本構築ブロックは、 行する計算を指定する式です。メ実トリックには、メトリックを計算するための追加の基準を指定する他の構成を含めることができます。

    メトリックの構成要素は、MicroStrategy Desktop Metric Editor で定義します。

    レポ ト上のメトリックは、以下のー 2 つの大きなカテゴリに分けることができます。

    • シンプルメトリックは、ファクトに する を 行します。 上ファクト対 関数 実 売テ ブルの 上高の値を合計するメトリックは、シンプルメトリックです。ー 売

    • 複合メトリックは、2 つ以上のメトリックを使用する 的演算です。 上数学 売高を販 された 位 で割って平均 上高を計算するメトリックは、複合メ売 単 数 売トリックです。

    メトリックは、1 つ以上の構成で成り立っています。構成の詳細については、以降の項で 明します。説

  • 12 Retek Data Warehouse

    すべてのメトリックには、メトリックの計算方法を指定する式が含まれています。

    シンプルメトリックの式は、ファクトおよびファクトの を指定します。次の関数式で、 上ファクト列 の値の合計を計算します。売 内

    Sum(F_SLS_AMT)

    F_SLS_AMT はファクトで、SUM は 行される です。実 関数

    メトリックの式は、基本式という別個のオブジェクトとして MicroStrategy Desktop に格納できます。基本式は再利用可能なパブリックオブジェクトであり、複 のメトリックから 照できま数 参 す。たいていの場合、さまざまなメトリックで同じ式が利用されます。たとえば、異なるデ タのセットを使用する同一の式で、ー現在および前年の 上高を計算します。メトリックレベルおよびトランスフォ売 ーメ ションへの理解が深まると、基本式とその再利用性の重要度が 感されます。ー 実

    RDW の各ファクトには、メトリックでまだ使用されていないファクトであっても基本式が存在します。したがって、メトリックからファクトオブジェクトに直接アクセスすることはありません。ファクトは、そのファクトの基本式を介してメトリックで 照されます。参

    場合によっては、基本式に複 の が含まれ、 的演算が 行されることが数 関数 数学 実あります。たとえば、RDW では、 上ファクトテ ブルの別個のファクト列に売 ー上と返品が保持されています。ネット 上売 売 ( 上から返品を差し引く売 ) は、レ

    ポ ト上の表示、または計算に、最もよく使われる値です。したがって、 上高ー 売に して次のような基本式が存在します。対

    (Sum(F_SLS_AMT) - Sum(F_RTRN_AMT))

    基本式は、MicroStrategy Desktop の [パブリックオブジェクト] フォルダに格納されています。これらは、ビジネスエリアごとに編成されています。

    高度な分析を行う場合、ファクトに する集計 を 行するシンプルメトリッ対 関数 実クでは不十分です。複 な分析には、他の複 のメトリックから構築された計算雑 数が必要です。このようなメトリックを複合メトリックといいます。次のメトリックでは、2 つのシンプルメトリックを使用して、 位ごとの平均 上高を計算し単 売ます。

    上高売 / 上 位売 単

    この計算のシンプルメトリックにより、 上ファクトテ ブルのファクト列の値売 ーを合計する基本式にアクセスします。複合メトリックからは、基本式に直接アクセスできます。式は次のようになります。

    ( 上高売 - 返品額) / ( 上 位売 単 - 返品 位単 )

    基本式にアクセスするシンプルメトリックを利用する方法は、オブジェクトを再利用できる便利な手法です。

    複合メトリックは、他のメトリックのベ スとなります。たとえば、在庫回 のー 転計算では、次のようにシンプルメトリック ( 上高売 ) と複合メトリックを利用します。

    上高売 / 平均在庫 高売価

    平均在庫 高は、売価 3 つのシンプルメトリックで構築されている複合メトリックであり、計算に使用するファクトの次のような基本式にアクセスします。

    ((BOH 高売価 + EOH 高売価 (合計)) / (在庫の週数 + 1))

  • 第 2 章 レポ トの構成およびその 念ー 概 13

    RDW の複合メトリックは、可能であれば他の複合メトリックにアクセスします。その結果、メトリック構築プロセスが 純化されます。単

    レベル

    メトリックのレベル構成は、メトリックによって集計するアトリビュ トレベルーを指定します。 定では、レポ トのアトリビュ トのレベルまでメトリックで既 ー ー集計されます。次のレポ トは、ロケ ションごとの 上高を示しています。こー ー 売の場合、 上高メトリックはロケ ションレベルまで集計します。ア売 ー トリビュートがロケ ションでなくリ ジョンの場合、 上高メトリックはロケ ションでー ー 売 ーはなくリ ジョンまで集計します。ー

    ロケ ションごとの 上高ー 売

    複 なメトリックの場合、式において複 のレベルの集計が必要なことがあり雑 数ます。たとえば、リ ジョンに する各ロケ ションの 上高の貢 度比率をー 対 ー 売 献示すレポ トが必要だとします。このメトリックの式を作成するのに必要なのは、ー各ロケ ションの 上高、およびロケ ションが するリ ジョンの合計 上高ー 売 ー 属 ー 売です。

    上高売 (ロケ ションー ) / 上高売 (リ ジョンー )

    サンプルレポ トでー は、ロケ ションレベルのみの 上高が計算されていー 売ます。ただし、より複 な計算にはリ ジョンの合計が必要です。この値は、レ雑 ーポ トの 定レベルの集計による制約の範 外で、デ タベ スの別の照 を介ー 既 囲 ー ー 会して取得する必要があります。

    ロケ ションごとの 上高とリ ジョンの合計ー 売 ー

    リ ジョンの合計は、リ ジョン の全ロケ ションの値の合計であることに注ー ー 内 ー意してください。つまり、同一リ ジョン の全ロケ ションに して繰り返さー 内 ー 対れる値です。リ ジョンの合計を計算することは必要ですが、この値は通常はレーポ トに示されません。このー ビジネス上の質問のコンテキストにおいてあまり重要ではないからです。この値はレポ ト に示されるロケ ションのみの 上高ー 内 ー 売の合計であり、リ ジョンの全ロケ ションが含まれている場合にのみリ ジョー ー ーンの合計と一致しますが、小計として示される場合があります。

  • 14 Retek Data Warehouse

    次のレポ トには、全ロケ ションの値、およびリ ジョンの合計に する貢ー ー ー 対 献度比率が示されています。リ ジョンの合計を計算するメトリックは、レポ トー ー上には示されていませんが、貢 度比率の計算に使用されています。献

    リ ジョンの 上に するロケ ションの貢 度ー 売 対 ー 献

    ここで使われているような複 な計算には、 一のメトリックを計算する場合に雑 単デ タベ スへの複 の照ー ー 数 会 (パスとも呼ばれる) を行う OLAP ツ ルが必要です。ー組織階層と商品階層での貢 度比率および 動の計算が必須要件である小 環境献 変 売において、この機能は必要不可欠なものです。

    レポ トの 定レベル以外の集計レベルを指定するメトリックは、ー 既 ディメンションメトリックと呼ばれます。RDW には、組織および商品階層のアトリビュ トーに する、 上および利益のディメンションメトリックが多 含まれています。対 売 数次に示すリストは、商品階層の 上に するディメンションメトリックの一売 対 覧です。

    • 上高売 (カンパニー)

    • 上高売 (ディヴィジョン)

    • 上高売 (グル プー )

    • 上高売 (デパ トメントー )

    • 上高売 (クラス)

    商品階層 のアトリビュ トに するこれらのディメンションメトリックにより、内 ー 対組織階層 の下位レベルエレメントの親レベルに する貢 度を測定する複合メ内 対 献トリックを構築できます。

    メトリック 式

    カンパニ に する 上高の貢 度比率ー 対 売 献 上高売 / 上高売 (カンパニー)

    ディヴィジョンに する 上高の貢 度対 売 献比率

    上高売 / 上高売 (ディヴィジョン)

    グル プに する 上高の貢 度比率ー 対 売 献 上高売 / 上高売 (グル プー )

    デパ トメントに する 上高の貢 度ー 対 売 献比率

    上高売 / 上高売 (デパ トメントー )

    クラスに する 上高の貢 度比率対 売 献 上高売 / 上高売 (クラス)

  • 第 2 章 レポ トの構成およびその 念ー 概 15

    次のレポ トは、親アトリビュ トのカンパニ およびデパ トメントに するー ー ー ー 対サブクラスの 上および利益貢 度を示しています。売 献

    メトリックに定義 みディメンションレベルがある場合は、アトリビュ トレベ済 ールの名前がメトリック名の後の括弧 に示されます。内

    件条

    件すなわちフィルタ条 によって、デ タベ スから取得されるデ タが制約されー ー ーます。レポ トにアタッチされるフィルタにより、レポ ト のメトリックにー ー 内 対して取得されるデ タが制限されます。たとえば、フィルタを使用してレポ トー ーの情報を特定の月、デパ トメント、およびロケ ションに限定します。ー ー

    フィルタは通常、レポ ト のすべてのメトリックに制約を えます。場合にー 内 与よっては、レポ ト の各メトリックに追加の制約を設定する必要があります。ー 内一のメトリックに 件を適用した場合、レポ ト の他のメトリックは影響を単 条 ー 内

    受けません。メトリック 件の役割は条 、フィルタがレポ トにおいて担う役割とー同じで、1 つ以上の 件に基づいて取得されるデ タを制限します。条 ー

    RDW では、 上および返品の金額は、 タイプ売 売価 (通常、特 、またはクリア売ランス) に じて 格タイプごとに分けられます。 上ファクトテ ブルには、応 価 売 ー上および返品の金額が売 2 つのファクト列 (F_SLS_AMT and F_RTRN_AMT) に保持されます。 タイプは、コ ドによってテ ブルの各行に示されます。売価 ー ー 価格タイプが指定されない限り、 上メトリックはタイプに 係なくすべての値を売 関取得します。そのために、 格タイプを指定するフィルタをメトリックにアタッ価チします。たとえば、ファクトテ ブルで通常 格タイプを値ー 価 1 で示します。価格タイプが 1 でなければならないことを示すフィルタをメトリックにアタッチします。このメトリックの照 により、デ タは、ファクトテ ブル の タイ会 ー ー 内 売価プ 1 を含む行に限定されます。

    次のレポ トは、 タイプ別の 上を示しています。 上高というメトリックー 売価 売 売は、すべての タイプの合計です。このメトリックは、 タイプを無視し売価 売価ます。このメトリックが制限されるのは、レポ ト全体に適ー 用されたフィルタの場合のみです。各 格タイプのメトリックには追加の制約があり、価 3 つの 格タ価イプに基づいて値を制限します。

    格タイプごとの 上高価 売

    RDW においては、 一のメトリックに 件を適用しなけれならないさまざまな単 条場面で、メトリック 件が使用されます。メトリック 件に使用されるフィルタ条 条は、[フィルタ] フォルダの [メトリック 件条 ] サブフォルダに格納されています。

  • 16 Retek Data Warehouse

    トランスフォ メ ションー ー

    トランスフォ メ ションとは、 する期間の値を比較するためのスキ マオー ー 対応 ーブジェクトです。たとえば、現在の指定日までのシ ズンの 上高を示すレポー 売 ートには、前年の同じ期間の指定日までのシ ズンを示すトランスフォ メ ショー ー ーンメトリックが含まれる場合があります。

    レベルまたは 件同 、トランスフォ メ ションは 一のメトリックに適用さ条 様 ー ー 単れます。レポ ト の他のメトリックには影響を えません。ー 内 与

    RDW には、比較レポ トに する小 組織のさまざまな要求を たすたトランー 対 売 満スフォ メ ションメトリックが多 存在します。サンプルレポ トには、現在ー ー 数 ーから前年への一連のトランスフォ メ ションが示されています。ー ー

    上高指定日累計売 (時間)

    最初のトランスフォ メ ションメトリックー ー ( 上高売 (前年)) では、レポ トの週ーに する、前年の週に するトランスフォ メ ションが作成されます。 り対応 対 ー ー 残のトランスフォ メ ションメトリックは、指定日までの月、シ ズン、年のー ー ー 売上高、および前年の する期間の 上高を表示します。前年の指定日までの月対応 売など多 多トランスフォ メ ションの場合、 際には対 ー ー 実 2 つのトランスフォーメ ションが適用されることに注意してください。最初に指定日までの月の多ー 対多トランスフォ メ ションが作成され、次に前年に するトラー ー 対 ンスフォ メー ーションが作成されます。

    プロンプト プロンプトを使用すると、レポ トの 容を 行時に確立できます。プロンプトー 内 実では個 のユ ザが入力できるため、レポ トの柔軟性が高まります。プロンプ々 ー ートの使用により、フィルタ基準などのレポ トの構成要素をカスタマイズできるーので、複 のユ ザが同じレポ トを使用して異なるビジネスの問題に する数 ー ー 対応ことができます。

    RDW では、プロンプトは主にレポ トのフィルタ基準を 行時に定義する場合ー 実に使用されます。これらのプロンプトにより、アトリビュ トおよび階層からのーレポ トフー ィルタエレメントの選 や、アトリビュ トの特性またはメトリック択 ーの値に基づいたデ タの分類を行えます。ー

    階層プロンプトにより、時間、商品、組織などのエレメントを RDW の階層から選 できます。ほとんどの定義 み択 済 RDW レポ トには、複 の階層のためのプー 数ロンプトが含まれています。

    階層プロンプトでは、階層の一部またはすべてのアトリビュ トが表示され、選ー可能なエレメントがアトリビュ トの下に表示されます。レポ ト基準を指択 ー ー

    定するには、これらのリストからエレメントを選 します。択

    アトリビュ トエレメントリストー プロンプトでは、アトリビュ トが表示され、ーアトリビュ トの選 可能なエレメントがアトリビュ トの下に表示されます。ー 択 ーアトリビュ トのすべてのエレメントが表示されるか、またはプロンプトに含ーめるために選 したエレメントだけが表示されます。このタイプのプロンプトは、択個 のアトリビュ トに してエレメントを選 するために使用されます。々 ー 対 択

  • 第 2 章 レポ トの構成およびその 念ー 概 17

    メトリック 件プロンプト条 では、メトリックの値に基づいてレポ トのデ タをー ー制約できます。たとえば、 上額に基づいてレポ トのアイテムを制限するとし売 ーます。メトリック 件によって、特定の量よ条 り大きな、または小さな値を指定できます。レポ トは、この 件に一致しないアイテムをすべて除外します。同ー 条 様に、アトリビュ トのいくつかの特性に基づいて 件を指定できます。たとえば、ー 条レポ トに含める顧客を特定の年 より上か下の顧客に限定するとします。ー 齢

    他のプロンプトタイプの詳細については、MicroStrategy のマニュアルを 照し参てください。

    テンプレ トとフィルター 意思決定者またはアナリストが使用するレポ トは、ー 2 つの別個の MicroStrategy オブジェクトで構成されています。そのオブジェクトとは、テンプレ トー とフィルタです。これらのオブジェクトは、前述したスキ マオブジェクトおよびパブーリックオブジェクトで構築されています。

    テンプレ トは、レポ トの構造を指定します。テンプレ トには、測定の 象ー ー ー 対となるメトリックやアトリビュ トが含まれています。フィルタは、レポ トのー ーデ タを絞り むことにより、測定が必要な集合を限定することができます。テー 込ンプレ トとフィルタを一 に使用することにより、ー 緒 RDW デ タベ スからデー ー ータを取得して利用可能な情報に 換する、変 SQL 照 の構築に必要な情報をすべ会て提供できます。

    テンプレ トおよびフィルタは 立したオブジェクトであり、再利用が可能です。ー 独RDW では、すべての定義 みレポ トのためにテンプレ トおよびフィルタが済 ー ー別個のオブジェクトとして存在します。ただし、すべてのレポ トオブジェクトーの必須 件というわけではありません。たとえば、ユ ザが自分だけのために、条 ーまたは限定された用途のために作成したアドホックレポ トには、別個のオブージェクトが存在しない場合があります。これらのレポ トに する別個のテンプー 対レ トおよびフィルタが存在していなくても、レポ ト に埋め まれているー ー 内 込 ので、必要に じて作成できます。レポ トをパブリックにする場合は、別個のオ応 ーブジェクトを作成することをお めします。勧 RDW Web または MicroStrategy Desktop を使用してこれらのオブジェクトを作成し、レポ トに組み むことがー 込できます。

    テンプレ トはデ タの列および行を指定し、レポ トの構造を決定します。次ー ー ーに示すレポ トでは、組織ディメンションのアトリビュ トおよびいくつかのメー ートリックが行に含まれています。このテンプレ トを使用するレポ トは、ー ー 1 つ以上のリ ジョンに する利益とその他ー 対 の 連する測定値に する情報を返し関 関ます。

    テンプレ トー

    SQL 照 に する知識がある場合、テンプレ トが会 関 ー SQL 文の SELECT および GROUP BY 節に必要な情報を含んでいることに注目してください。テンプレートには、列の幅、フォント、色、およびその他多 の表示設定など、レポ ト表数 ー示の仕 も含まれます。様

  • 18 Retek Data Warehouse

    存のアトリビュ トおよびメトリックを使用して、固有のテンプレ トを作成既 ー ーできます。詳細については、MicroStrategy Desktop のマニュアルまたは RDW Web オンラインヘルプを 照してください。参

    テンプレ トがレポ トの表示構造を提供するのに し、フィルタはレポ トー ー 対 ー 内の情報を制限します。たとえば、リ ジョナルマネ ジャは、自分が担 するー ー 当リ ジョンの店 のデ タだけをレポ トに表示する場合があります。同 に、ー 舗 ー ー 様カテゴリマネ ジャまたはデパ トメントマネ ジャは、管理しているカテゴリー ー ーのアイテムだけを表示する場合があります。

    フィルタを使用すると、ユ ザは必要な情報だけを取得し、不要なデ タを除くー ーことができます。フィルタには、SQL 文の WHERE (および HAVING) 節の作成に必要な情報が含まれています。渡される RDW のデ タ量は非常に多いため、ーレポ トでフィルタリングを使用しないと、デ タウェアハウスのパフォ マンー ー ースが著しく低下したり、手に負えないほど膨大な量のデ タが返されたりする場ー合があります。定義 みレポ トにアタッチされているフィルタの場合は、時間済 ー階層への入力、および他の階層からの基準を入力するオプションが必要です。

    次のレポ トには、使用される上記のテンプレ トが示されています。左上の角ー ーにフィルタリング基準が表示されています。レポ トには、指定された 件ー 条 を両方とも たす情報のみが含まれています。満

    ユ ザオブジェクトの編成と命名規則ー この項では、MicroStrategy Desktop および RDW Web インタ フェイスにおける、ーRDW ユ ザオブジェクトの編成および命名の方法について 明します。この情ー 説報を知っていると、レポ トなどのオブジェクトの場所を探す場合に便利です。ー存のレポ トを修正したり、新規レポ トを追加したりする場合は、以下に既 ー ー 説

    明する編成および命